2017 J2 第33節 名古屋グランパス VS ツエーゲン金沢 プレビュー ポイントはフリーランニング

2017 J2 第33節 名古屋グランパス VS ツエーゲン金沢 プレビュー

今日は17:00から金沢戦が行われる。
現地には行けないのでDaznで観戦する。
試合開始前に少し金沢の予習をした内容を書きます。


スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

自動昇格までの道のり

福岡が足踏みしてくれているおかげでまだ自動昇格の望みはある。

暫定2位 長崎 33試合 勝点 59
暫定3位 福岡 32試合 勝点 57
暫定6位 名古屋 32試合 勝点 53

今日勝てば4位、負けると6位になる。
負けるとプレーオフも危うくなってくる。キビシイ・・・。

注目ポイント

バイタルのスペースを作れ

グランパスの攻撃は当然、中央からのパスをつないでの崩しがメインであろう。
で、まずはバイタルエリアの守備を確認。



横浜FCの選手がバイタルエリアから裏へ走っている。
その際、横浜FCのボランチの選手も一緒に走ってついて行く。
結果、バイタルエリアにスペースができている。

これは是非グランパスも真似ていきたい。

グランパスの場合、佐藤 or 杉森を左WGに入れて、一度下がってきて、マークがついたら裏に抜ける。
空いたスペースにシャビエルが右サイドから入ってきて裏に出す。
そんな感じか。
そこに青木も後ろから上がってきたら面白そうだ。

  


ボールが右サイドに展開される。
その際、金沢のボランチの1人がボールのあるサイドにスライドするべきだと思うが、
横浜FCの左FWについて行ってスライドしてこない。

結果、後ろから上がってきた横浜の選手が前方に広大なスペースがある状態でボールを貰えている。
それを見て慌ててスライドしてきている。

青木がドリブルで仕掛けるには十分なスペース!!
シャビエルだったら余裕をもって裏にパスを出せる。

どうすればよいかというと、
これまた、左WGに佐藤 or 杉森を入れて、あえて下がったポジションでボランチにマークについてもらう。
そして縦 or 逆サイドに動き、マーカーを引っ張ればスペースができそう。
ポイントはダブルが2人いるが、ボールがあるサイドのボランチを縦 or 反対サイドに引っ張る。



シモビッチを使え


ゴール前中央にいるのはイバ。
J2屈指のFWだがマークは一人。
グランパス戦でもマークが1人の可能性が大きい。
ちなみに大分はゴール前では2人でシモビッチに当たれる様にしていた。

このシーン、中央PA外にいるボランチに戻してダイレクトで縦パス入れれば、イバがPAでボールを貰えそう。
少なくとも、速いパススピードでもダイレクトにつ投げるグランパスならイバのポジションまでボールを繋げるだろう。
そしてグランパスの場合、そこにいるのはシモビッチ!!

背が高さより足の長さの方がアドバンテージがあるのだと言わんばかりのゴール前での足技勝負!!
お得意のポストプレーから反転してシュートを決めてほしい!!



オフサイド崩れを狙え

動画は取ってないが、ディフェンスラインを上げている時も上下動するFWにDFがついて行くことがある。
これを利用してオフサイドを崩れを狙ってほしい。

例えば、こんな感じ。

左サイドの佐藤寿人が裏に走る。
すると最初はDFがついてくるだろうが、どこかでついてくるのを止めるはず。
さすがにGKの位置まではついてこない。もっと早くについてくるのを止めて、元のポジションに戻っていく。

そうしたら佐藤も戻るのだが、相手マークがつかない様にオフサイドポジションの範囲で戻る。
金沢に限らず、オフサイドにならないポジションまで戻ってこないとマークにつかないDFが多い。
これでオフサイドポジションでフリーに佐藤が出来上がる。
ここから右サイドのWGシャビエルが裏に走る。
そうするとDFがシャビエルについてきてオフサイドラインが下がり、佐藤がオフサイドポジションじゃなくなる。
この時に、佐藤につくはずのDFがオフサイドライン下がっている事に気づかないと佐藤がフリーのままになる。

ポイントは佐藤をマークするはずのDFにラインが下がっている事を気づかれない様にする事。
佐藤の逆サイドのDFを引っ張ってオフサイドラインを下げる。



ディフェンス

どう守るかに関しては見れなかった。
累積イエローで出れない小林、ケガの新井を欠く中でどう守るか。

少なくとも勝っている終盤、相手の捨て身の攻撃に対して打ち合いを挑むのは避けたい。
ボールをとったらキープして相手を押し込んでから、高い位置でキープしてほしい。

そこからチャンスがあれば追加点を狙ってほしい。

絶対に安易に攻めてボールを渡さない!!



サポーターの大声援

毎度の事ながら、アウェーでもグランパスのホームかと間違える程のサポーターがゴール裏に詰め掛けている。

ツィッターを見ると今回もかなりの方が金沢まで駆けつけている模様。
Daznで見てもグランパスのサポーター数、チャントの大きさは突出しているのがわかると思う。

ここ一番で使われるイエローサブマリンというチャントに是非注目してほしい。
他サポーターからもカッコいいと言われている。
大迫力でかなりカッコイイ!!



総評

フリーランニングがポイント。
スペースを作りたい位置に行き、マークが来たらマークを連れて裏やサイドに流れてスペースを作る。

このプレーが得意なのは佐藤、八反田(ケガで離脱中)、杉森あたり。
佐藤か杉森どちらかはピッチにいてほしい。


最後に。
現地に行かれたサポーターのみなさん、応援よろしくお願いします。
お帰りはお気をつけて・・・。



外部リンク

クリックすると、ブログ村、人気ブログランキングのサイトへリンクします。
クリックして頂けると、当サイトのランキングが上がります。
今後ブログを続けるエネルギーになります。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


名古屋グランパスエイトランキング

0