2017 J2 第32節 名古屋グランパス VS 大分トリニータ 痛恨の敗北

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

2017 J2 第32節 名古屋グランパス VS 大分トリニータ 所感

久々のブログ更新。
仕事が忙しかったのと風邪で寝込んでいた為、2週間近く書いていなかった。

今日は風邪も治って瑞穂で試合を見てきたので所感を書く。

前半後半通してグランパスがボール保持して大分が守る展開だったが、1点も取れず。
終了間際に失点して、0-1での敗北。

青木が発熱でメンバーから外れていたのが大きかった。
得点できないまま終わってしまった。

よかった所

ゲームコントロール

後半途中、カウンターでゴリゴリ攻めたい所でスローダウンするシーンが3回くらいあった。

これまでリードしていてもカウンターが仕掛けられる時はどんどん仕掛けていた。
その結果、すぐに攻撃が終わり、相手の攻撃を受けて打ち合いになり、大量得点、大量失点の試合が続いていた。

その反省でリードしている時はボールを保持して、相手を一旦押し込み、体制を整えてから攻める様になってきていた。

その流れで、後半の得点がほしいが失点もしたくない状態の時に、相手を一旦押し込み、体制を整えてから攻めていた。
失点の可能性を減らしながら攻める算段である。
大分は後ろでボールを回していると勝手に引いて守ってくれる相手でだったので、押し込むのも簡単だった。

現地では早く攻めろとの声も上がっていた。
だが、ディフェンスが苦手なグランパスとしては、いい選択だったと自分は思う。

永井のポストプレー

後半から永井が出てきた。
そして横浜FC戦では裏で貰おうとし過ぎて、ポストをしてほしかったシャビエル、青木と全く合っていなかった。
それが今回はシモビッチの紛れてポストプレーを何度もしていた。

これはかなりの収穫である。
シモビッチがいなくなるとポストプレーをする選手がいなくなっていたが、これからは永井がやってくれる!!

悪い所

点が取れない

ボールを保持して押し込めているのだが崩せない。
相手が引いていることも合って、ゴール前で張っているシモビッチの足元に何度もパスが入るのだが、点につながらない。
シモビッチの足元にボールが入ると田口、シャビエルが走りこんでくるシーンもあるのだが、シモビッチから近い位置で受けてショートパスをつなごうとするので崩しきれない。

ウ~~ン。あそこでもうひと工夫がほしい。
裏に抜けて相手のCBを一人つってシモビッチの周りのスペースを作るとかドリブルで中央からつっかけるとか・・・。
今日のメンバーだと和泉に期待したんだろうが、最近自信喪失気味のプレーなので杉森を投入してもよかったのではと思う。

杉森の右サイドハーフは守備が不安だが、青木と比べれば大して変わらないだろう。
攻撃に関しては下がってもらってドリブルで仕掛ける、裏に抜けるどちらもできるのでアクセントにはなったはずだ。

パワープレイ

終盤にパワープレイを始めた。
パスをつなぐのが信条の風間グランパスがパワープレイはないだろう。
クロスは頭へのパスだと言っていた監督がパワープレーとは・・・。
残念だ。
負傷した新井の代わりに入れたワシントンのディフェンスがイマイチだった為、ワシントンを最終ラインから外す為にワシントンを前線に上げてパワープレイしたのかもしれない。
だとしても残念だ。




外部リンク

クリックすると、ブログ村、人気ブログランキングのサイトへリンクします。
クリックして頂けると、当サイトのランキングが上がります。
今後ブログを続けるエネルギーになります。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


名古屋グランパスエイトランキング

0