2017 J2 第25節 名古屋グランパス VS ロアッソ熊本 プレビュー2

名古屋グランパス VS ロアッソ熊本 プレビュー2

今日は次節の対戦相手となるロアッソ熊本の試合を見てみた。
見たのは千葉戦と東京V戦。
時間が取れなかったので一部をかいつまんで見ています。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

自動昇格までの道のり

去年の2位の年間勝ち点は84。

現在24試合消化して勝ち点37。
残り18試合で47必要。

15勝2分1敗で47になる。

もう負けられない。
というか勝ち続けるしかない!!

基本スタイル

基本的には引いて守ってカウンターとなっている。

但し、カウンターではすさまじい勢いで上がってくる
また、チャンスと見るや前線に人数を割いて攻めてくる。

引いて守った時の鹿島アントラーズの様な感じ。

ディフェンス

基本布陣

5バックでがっちり守ってきます。

5バックの前にアンカーが入り、その前に3人並ぶ基本布陣。
中央は必ず3人でがっちり守る。

赤がロアッソ。色が完全にグランパスとかぶっている。
スタジアムは赤一色??

ロアッソDF基本布陣

ロアッソDF基本布陣

ボールをまわす位置がセンターライン付近だと1人前に出てくる。

ロアッソDF基本布陣2

ロアッソDF基本布陣2

ロアッソDF基本布陣3

ロアッソDF基本布陣3

前線からのプレス

相手がゴールキックをパスでつないでくると前線からプレスをする。

ロアッソ前線からプレス

ロアッソ前線からプレス

前線プレスからの得点

千葉戦では前線からプレスを掛け、相手のバックパスミスをかっさらい1点取っている。
右サイドバックの黒木はかなり長い距離を激走する。
スペースあると元鹿島の名良橋(古い?)の様に狙ってくる。
抜け目ない。

ロアッソvsジェフ_DFからの得点 (1)

ロアッソvsジェフ_DFからの得点 (1)

ロアッソvsジェフ_DFからの得点 (2)

ロアッソvsジェフ_DFからの得点 (2)

オフェンス

攻撃の核は上村、安の様です。

上村は体の向きとは違う方向にパスを出してくる。
それも結構狭い所を通して前線にボールを供給している。
ロングフィードも正確!!

安は常にトップで張っているチームの得点源。
この選手はスピードと力強さがあり、注意が必要。

ロアッソvsヴェルディ戦の2点目

上村が狭いスペースを通して安のボールを供給する。
かなり狭いスペースを通している!!

ロアッソvsベルディ_2点目 (1)

ロアッソvsヴェルディ_2点目 (1)

ロアッソvsベルディ_2点目 (2)

ロアッソvsヴェルディ_2点目 (2)

安が1人でボールを運んでそのまま強烈ミドルを決める。

ロアッソvsベルディ_2点目 (3)

ロアッソvsヴェルディ_2点目 (3)

ロアッソのカウンター

安が1人でシュートまで持ち込んでいる。
スピードと強さがある。

ロアッソvsベルディ_安ドリブルシュート (1)

ロアッソvsヴェルディ_安ドリブルシュート (1)

すごいボディバランス!!倒れない!!

ロアッソvsベルディ_安ドリブルシュート (2)

ロアッソvsヴェルディ_安ドリブルシュート (2)

よく見るとロアッソの選手が4人上がってきている。
チャンスと見るや複数人上がってくる。
意思統一と走力は見事

ロアッソvsベルディ_安ドリブルシュート (3)

ロアッソvsヴェルディ_安ドリブルシュート (3)

ロアッソのビルドアップ

頻度は少ないが、ビルドアップからの攻撃もある。

クサビを受ける。
そこから振り向いて縦に入れる。

ロアッソ_ポストプレーからの攻撃(1)

ロアッソ_ポストプレーからの攻撃(1)

安が受けて振り向いてシュートを打つ。
安はPA周辺でボールを受けるとほとんどシュートまで持ち込む
やはりこの選手は要注意!!

ロアッソ_ポストプレーからの攻撃(2)

ロアッソ_ポストプレーからの攻撃(2)

ロアッソ_ポストプレーからの攻撃(3)

ロアッソ_ポストプレーからの攻撃(3)

安が絡まないパターンでの得点

サイドから中央へポストでも裏でも受けれる面白いボールが出てくる。

ロアッソvsベルディ_1点目 (1)

ロアッソvsヴェルディ_1点目 (1)

八久保はポストで受ける振りをしてスルーして裏へ走る。

ロアッソvsベルディ_1点目 (2)

ロアッソvsヴェルディ_1点目 (2)

このまま八久保が抜け出し得点。
どうやらシャドーストライカー的な存在。
また、アクセントになる選手の様だ。

ロアッソvsベルディ_1点目 (3)

ロアッソvsヴェルディ_1点目 (3)

総評

ロアッソは守ってカウンターで統制がとれたチームだった。

基本的にはグランパスがポゼッションを取り、ロアッソが守ってカウンターの構図だろう。
お互いの持ち味であるグランパスの攻撃vsロアッソのディフェンスとなり、見所がはっきりした面白い試合になりそうだ。

ポイントは3ボランチ?の所をどう崩すか
チーム全体の戦術で一人サイドに引っ張りだすとはやらない(風間監督はそのような練習しない)と思うので、
選手でどうするか考える必要がある(監督もそれを望んでいる)。

現状、センターライン付近でボールを回し、
図ロアッソDF基本布陣2、ロアッソDF基本布陣3の形になった所で
青木、杉森、シャビが3ボランチに向かってドリブルを仕掛けてからのミドルが一番有効だろう。
というか青木、杉森、シャビのドリブルが見たい!!

安易にポストに入れると中央の3バックが待ち構えているので注意が必要。
また、サイドからのクロスは中央が固いので得策ではなさそうだ。

引いている時は、常に5バックの様なので思い切ってサイドに張るのを止めて中央に人数を割いて攻めるのも面白いと思う。

ディフェンスは安をしっかり押さえて、たまに飛び出してくる八久保、黒木を誰が抑えるかがポイントだろう。


グランパスサポーターの熱いチャントにも注目しています!!
今まで気にしていなかったが、京都戦(アウェー)での大声援はすごかった!!
行けないのが残念・・・。

もう後がない!!絶対に勝ってくれ!!


外部リンク

クリックして頂けると、当サイトのランキングが上がります。
今後ブログを続けるエネルギーになります。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


名古屋グランパスエイトランキング

0