2017 J2 第24節 名古屋グランパス VS 京都サンガFC 後半の所感

2017 J2 第24節 名古屋グランパス VS 京都サンガFC 後半の所感

やっと京都戦の後半を見れた。
今日は後半の所感を書きます。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

自動昇格までの道のり

去年の2位の年間勝ち点は84。

現在24試合消化して勝ち点37。
残り18試合で47必要。

15勝2分1敗で47になる。

もう負けられない。
というか勝ち続けるしかない!!

所感

ボールポゼッションはできているけど、ゴール前での崩しができていなかった。

後ろでボールを回す所まではできるが、そこからの崩しができていない。

後ろのボール回しは鳥かごで練習
ゴール前の崩し→3vs2で練習

となっていると思うのだが、ここの切り替わりができていない。

後ろでボールを回している間に練習で上手くいった3vs2の状況(ポジション)を前線の選手が作り、
そこにパスが出れば練習通りの崩しができるのだが、そこができていない。

通常のチームであれば後ろのボール回しからシュートまでを一連の流れとして練習する。
だが、グランパスは細分化して練習している。
その弊害で出ている様に感じる。

切り替えができていないというか、練習が一つ足りない様に感じる。

鳥かご、3vs2の練習の他に3vs2を作り出す練習をしてほしい・・・。
他のチームはボランチの選手をサイドや前に引っ張り出す練習をしていると思うが、
グランパスはそこができていない。

前半は後ろからドリブルで入っていけていたのでよかった。
だが、後半は京都が引いてゴール前を固めてきてドリブルで仕掛けていく回数が激減していた。

また、引いてきた相手に対して動いてスペースを作る選手がいなかった。
これをやるのは佐藤、杉森、八反田だが誰も出ていない・・・。

今は一部の選手頼みになっている。
風間監督にはゴール前で3vs2を作り出す練習をしてほしい。

外部リンク

クリックして頂けると、当サイトのランキングが上がります。
今後ブログを続けるエネルギーになります。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


名古屋グランパスエイトランキング

0