第97回天皇杯 3回戦 名古屋グランパス vs ヴァンラーレ八戸戦 感想 もっと個人技でゴリゴリ攻めてほしい


今日は、昨日行われた天皇杯 ヴァンラーレ八戸戦の感想です。
いつもと違うスタイルです。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

感想

もっとガンガン個人技で攻めてほしかった。

天皇はの相手はJFLの八戸。
監督は柱谷哲二だが大半がアマチュア選手のチーム。
※ちなみにJFL⇒J3⇒J2⇒J1となっている。

J3を目指しており、やっとこさ去年J3ライセンスが交付されたが、
去年は年間7位だった為、昇格できなかった。
今年の1stは5位。

そのレベルのチームである。

グランパスにはコールド勝ちする勢いで圧勝してほしい相手。

風間流の細かく繋いで崩すサッカーもいいが、その前に個人技で圧倒してほしかった。
例えば、

小林からPA前の永井にパスを出したら、永井がマークーを軽く一蹴してねじ込む

位のサッカーをしてほしかった。
八戸のDFに「J2では全く通用しない」という絶望感を与えてあげて欲しかった。

だが実際は、PA手前で前を向いてボールを持ったのに目の前にDFが来たらサイドにボールを展開するシーンが何度もあった。

特に多かったのが押谷。
なぜサイドに展開するのだ!!!

本来、中央が崩せないからサイドへ展開するのだよ
中央が崩せるなら中央から攻めろ!!!

ディフェンダーが来ても軽くかわして行けよ。
サイドへ展開したらゴールまで遠くなるだけだ。

そんな中、途中交代で出てきた杉森はよかった。
PA前でボールを貰ったらドリブルで崩してシュートしようとしていた。

そうそう、これこれ。
FWなんだからまず自分で点を取りにいかないと。

自分の前にDFがいて、横にフリーの選手がいても自分でシュートしていい!!!
むしろシュートしろ。
そしてなんでパスださんと言われたら自分でシュートしても100%入るからパス必要ないといってやれ。
そして100%決めれるように必死に練習しろ。
それがFWだ。

あと小林裕紀もよかった。
安易にサイドに出さずに極力中央へ出していた。

さすがわかってらっしゃる。
サイドへの展開は攻撃の形は作りやすい。
ボールを支配しやすい。
だが、中央が崩せるのならそれが一番点が取れるのだ。

ちなみに八戸のホームスタジアムはダイハツスタジアム。
トヨタスタジアムを持つグランパスとしては絶対に負けられない。

8/2に後半20分から開始する。
その時は、圧倒的な個人技の差を見せてほしい。

外部リンク

クリックして頂けると、当サイトのランキングが上がります。
今後ブログを続けるエネルギーになります。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


名古屋グランパスエイトランキング

1+