2017 J2 第22節 名古屋グランパス VS 徳島ヴォルティス 失点シーンを図で分かりやすく徹底分析 その➀!!

2017 J2 第22節 名古屋グランパス VS 徳島ヴォルティス 失点シーンを図で分かりやすく徹底分析 その➀!!

※タイトルを修正しました。
変更前:2017 J2 第22節 名古屋グランパス VS 徳島ヴォルティス 崩し方の改善点を図で分かりやすく徹底分析 その➀!!
変更後:2017 J2 第22節 名古屋グランパス VS 徳島ヴォルティス 失点シーンを図で分かりやすく徹底分析 その➀!!

痛恨の敗戦となった徳島戦。

昨日は打ちひしがれながら徳島戦所感を書きました。

今日は気を取り直して1失点目を分析しました。

結果、原因がわかりました。

磯村がマークしていた選手が小林をブロックして、小林の進路を防ぎます。
それで小林がマークしていた選手がフリーになり、ヘディングでゴールされている事がわかりました。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

分析内容

写真に沿って分析していきます。

写真1~3

最近はやり(グランパスがよくやられる)の団子から始まりますが、
蹴る前からバラけて行きます。

2017_22節1失点目_1

2017_22節1失点目_1

2017_22節1失点目_2

2017_22節1失点目_2

2017_22節1失点目_3

2017_22節1失点目_3

写真4~5

この段階では、小林のマークは外れていません。

2017_22節1失点目_4

2017_22節1失点目_4

2017_22節1失点目_5

2017_22節1失点目_5

写真6

ここで小林がマークしていた選手が磯村の背後を走っていきます。
そこで磯村がマークしていた選手が小林をブロックします。
これで小林がマークしていた選手についていけなくなります。

2017_22節1失点目_6

2017_22節1失点目_6

写真7

小林がついていけません。
また、磯村と小林もマーカーをスイッチしなかった為、
15番がフリーになります。

2017_22節1失点目_7

2017_22節1失点目_7

写真8~10

小林がマークしていた選手がフリーの状態でヘディングシュートを決めます。

2017_22節1失点目_8

2017_22節1失点目_8

2017_22節1失点目_9

2017_22節1失点目_9

2017_22節1失点目_10

2017_22節1失点目_10

まとめ

次の2つを考えると、グランパスはマンマークで守っている事がわかります。
・磯村が自分のマーカーしか見ていない
・小林も最後までマーカーを追おうとしている(磯村とスイッチするそぶりを見せない)

マンマークは今回の様にスクリーンを使ってDFをブロックしてくる場合、マーカーをスイッチする必要があります。
今回の場合、写真6の所で磯村と小林がマークする選手をスイッチしなければいけません。
が、対応できずにフリーの選手を作ってしましました。

対戦相手がCKで団子になるシーンをよく見かけるのは、これを狙っているんですね。

次節までの間は、スイッチするディフェンスの猛練習だ。
風間監督、1000本ノックでお願いします。

外部リンク

クリックして頂けると、当サイトのランキングが上がります。
今後ブログを続けるエネルギーになります。

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


名古屋グランパスエイトランキング

2+