2017 J2 第21節 名古屋グランパス VS 湘南ベルマーレ 崩し方の改善点を図で分かりやすく徹底分析 その2!!

2017 J2 第21節 名古屋グランパス VS 湘南ベルマーレ 崩し方の改善点を図で分かりやすく徹底分析 その2!!

今日も、ゴール前の崩しの改善点を考えてみました。
1つのシーンに絞ってグランパスの攻撃を図で分析しました。

湘南戦総評崩し方の分析その1の記事もあります。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

分析内容

写真に沿って分析していきます。

写真1

パスコースは2つあります。
 1.ワシントンに下げる
 2.ガルシアにあてる

ここで杉森は安易に下げずに細かいドリブルでパスコースを作り、ガルシアにあてます。
粘って前へ運ぶ姿勢は大好きです。
攻撃シーン➀

写真2

ここで面白いのが杉森のパスはガルシアのいた場所ではなく、大分手前にパスを出しています。
ガルシアも下がって受けています。

杉森はパスを出すと同時に縦に走っています。
攻撃シーン➁

写真3

ガルシアが下がって受けた事でガルシアについていたディフェンダーもガルシアと一緒に動いています。
これでゴール前にスペースができています(杉森のパスはこれを狙っています)。

この時点で杉森は自身をマークしていたディフェンダーを振り切っています。

攻撃シーン➂

写真4

ここで杉森、ガルシアに対応できるディフェンダーが1人になり、局所的に2vs1の数的優位を作れています。

攻撃シーン④

写真5

杉森が縦にドリブルします。
ガルシアは中央に入ります。
これでガルシア⇔杉森の距離が遠くなり、センタリングを上げる攻撃になりました。

センタリングを上げる前提で考えると3vs2の形になりました。
(写真4の2vs1より状態が悪くなっています)

ここのドリブルはもったいなかったです。
杉森がゴールに向かっていけば、2vs1の状態でシュートまで持ち込めたはずです。

杉森は、
 ・ガルシア、杉森の2vs1で勝負して点をとる
 ・シモビッチ、ガルシアの高さを活かして点を取る
の選択で当然の様に高さを活かす方を選びました。

FWなら杉森自身で点を取ることを第1にしてほしかったです。
正直、2vs1なら簡単に点とってほしい。
攻撃シーン⑤

写真6

杉森が縦にドリブルした事でディフェンダーは中へのパスコース(センタリングのコース)を切ればよい状態になりました。

パスコースはガルシア、シモビッチの2箇所になりますが、どちらも微妙にディフェンダーにかかりそうです。

このディフェンダーの対応はうまかったなぁ。
飛び込まず、シモビッチ、ガルシアのコースを少しづつ切って、縦へのドリブルも対応できるポジションを取ってミス待ちしたら見事にミスってくれた感じだったんんだろうなぁ。

攻撃シーン⑥

写真7

最終的にはセンタリングを選択しました。

しかし、パスコースが狭くなった為、最後はミスキックで終わりました。
攻撃シーン⑦

まとめ

スペースを作って、そこを使う所までは最高でした。
ただ、そこから安易に簡単なプレーで縦にドリブルした為にチャンスをつぶしてしまっています。

一番の理由はガルシアと杉森の連携に自信がなかったのだと思います。

ガルシア、杉森には次節までにゴール前での2vs1の練習を希望します。
・・・ガルシア怪我だった。

外部リンク

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


名古屋グランパスエイトランキング

1+