2017 J2 第21節 名古屋グランパス VS 湘南ベルマーレ 崩し方の改善点を図で分かりやすく徹底分析!!

2017 J2 第21節 名古屋グランパス VS 湘南ベルマーレ 崩し方の改善点を図で分かりやすく徹底分析!!

敗戦となった湘南戦。

敗戦となったが確実に内容は前進しており、ゴール前までつなげる様になってきた。
後はゴール前の崩しのみである。
ここができれば、グランパスの得点は劇的に増えるはずである。

今日は、ゴール前の崩しの改善点を考えてみました。
1つのシーンに絞って図で分析してみました。

湘南戦総評の記事もあります。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

分析内容

写真に沿って分析していきます。

写真1

杉森がPAに向かってフリーでドリブルをしている。
前方には佐藤寿人がいる。

空いているスペースは2箇所、佐藤寿人の前と後ろにある。
このどちらかのスペースを使って攻めたい。

佐藤寿人が左に流れる態勢をとっていることから、佐藤の後ろ側のスペースを使った方がよい。
湘南戦攻撃シーン1-1

写真2

佐藤が上手くDFを引っ張って中央にスペースを作ってくれているので、ここのスペースを使ってシュートに持ち込みたい。

杉森はここでシモビッチへのパスを選択した。
ここでシモビッチと杉森の息が合っていない。

シモビッチは少し後ろに下がっている(上の写真は線の中にいるが、下の写真は外にいる)。
これを見るとシモビッチのイメージはこうだ。
1.杉森がスペースへ走りこむ
2.シモビッチがそこへダイレクトでパスを出す

そして杉森がスペースをより広く使えるようにするために後ろに下がってDFを引き付ける。
湘南戦攻撃シーン1-2

写真3

が、杉森はスペースではなく、シモビッチへ向かって走った。

杉森のイメージはこうだ。
1.シモビッチが後ろに下がらずポジションを変えずに待っている。
2.シモビッチにパスを出し、ポストになってもらう。
3.シモビッチを追い越して外を回って走りこむ。
4.杉森が外でリターンを貰う or シモビッチがポストからスペース側に反転してシュート

裏をかいてもう一つ繋ぎ、攻撃に深みを持たせたかったのだろう。
湘南戦攻撃シーン1-3

このシーンは結局、シモビッチと杉森が交錯して、ボールを取られています。

まとめ

シモビッチがよい or 杉森がよい ではなく、2人のイメージがあっている事が最重要になります。
どっちのイメージでもいいので合わせてほしいです。

このシーン、かなりいい状態で杉森がPAへ向かってドリブルできています。

そして佐藤寿人の裏を狙いつつ、スペースも作る動きはさすがです。
点を取るだけじゃなく、ボールのない所でもチームでの崩しに貢献しています。

杉森とシモビッチのイメージが合えばグランパスはゴール量産の可能性大です。

ただ、シモビッチは杉森、田口、和泉と攻撃のリズムが違う感じなので、息が合うまで時間がかかるかもしれない。
どれだけ選手間でコミュニケーションが取れるか、
自分のしたいプレー、相手がしたいプレーを話し合えるかが鍵ですね。

もうあと少しで攻撃は激変する。
グランパス、はやく覚醒してくれ。

外部リンク

にほんブログ村 サッカーブログ 名古屋グランパスへ
にほんブログ村


名古屋グランパスエイトランキング

0