2017 J2 第19節 名古屋グランパス VS アビスパ福岡 得点シーンを振り返ってみた

2017 J2 第19節 名古屋グランパス VS アビスパ福岡 得点シーンを振り返ってみた

今回はグランパスの得点シーンを振り返ってみた。
あらためて見たらボールに絡んでいない青木が非常に効いている事がわかった。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

得点シーン

ディフェンスラインでボールをつなぎ、和泉がダイレクトで福岡のDFラインの裏に出す。
そのボールを裏に飛び出した杉森が中に折り返し、シモビッチが反転からシュートして押し込んだ。

細かく見ていこう。
グランパスのビルドアップのシーン。
小林から左サイドの和泉にパスがでる。
得点シーン2

ここでよく見ると青木が中央に上がっている。
青木が中央に上がった事で福岡のボランチが高い位置をとっている。
和泉も下がってもらったので福岡のサイドバックも高い位置をとることになり、サイドの裏はがら空き状態となった。
得点シーン3

杉森の裏への飛び出しに合わせて和泉がダイレクトで裏に出す。
このダイレクトもさりげなくやっているが、いいパスだった。
杉森もダイレクトでパスが出てくる前提で走り出していた。
ここの信頼関係はなかなか良い。

この写真をみるとボランチが高い位置をとったので、センターバックが引っ張られて少し高い位置をとっているのがわかる。
本来、杉森より福岡ゴール側にいるべきDFが杉森の前まで出てしまっている。
このため、杉森が裏を取りやすくなっていた。
得点シーン4

センターバックが少し高いポジションをとった為に、PA内でパスを受けれている。
ここから杉森がドリブルを仕掛けてグランダーのクロスを入れる。
得点シーン5
得点シーン6

シモビッチがこれを押し込んで得点している。
さすがグランパスのエース。圧巻のシュートだった。
得点シーン8

まとめ

青木がボールに絡んでいない所でも効いていた事がわかった。
後半福岡が4-4-2にシステム変更してきたのは、青木のマークを明確にするのも狙いの一つだろう。
サイドバックが和泉、サイドMFが青木をマークすればボランチが引っ張られなくて済む。

グランパスの左サイド杉森、和泉、青木のコンビは非常に面白い。
青木の左サイドバックは今後も継続してほしい。

◇◇◇ブログ村に参加しています◇◇◇
にほんブログ村 名古屋グランパス

◇◇◇人気ブログランキングに参加しています◇◇◇
人気ブログランキングへ

0