2017 J2 第19節 名古屋グランパス VS アビスパ福岡 失点シーンを振り返ってみた(1失点目)

2017 J2 第19節 名古屋グランパス VS アビスパ福岡

失点シーンを振り返ってみました。
総評はこちらを見て下さい。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

1失点目

71分の失点シーン。
右CKから失点しています。

原因はシャルレスのポジショニングでした。
最初にアビスパの選手が団子状態になります。
そこから走りこんでくるパターンです。
シャルレスのポジションがニアに行き過ぎたため、
団子から飛び出してくる選手をフォローできなかったです。

最初は団子状態です。
2017_19_Fukuoka_1失点目_1 (1)

この状態で福岡の石津がフリーになります。
選手毎のマークする選手を見ると本来はシャルレスがマークする選手です。
が、シャルレスはニアサイドにポジションを取っています。
2017_19_Fukuoka_1失点目_1 (2)2

石津が走りこんでヘディングしています。
本当はここに来たボールは前でシャルレスが弾き返すつもりだったと思いますが、はじき返せていません。
ワシントンも自分のマークの選手が邪魔で前に出れませんでした。
2017_19_Fukuoka_1失点目_1 (3)

まとめ

時間が遅くなってしまった為、
残りの2失点はまた明日にします。

◇◇◇ブログ村に参加しています◇◇◇
にほんブログ村 名古屋グランパス

◇◇◇人気ブログランキングに参加しています◇◇◇
人気ブログランキングへ

0