2017 J2 第19節 名古屋グランパス VS アビスパ福岡 点を取られない為のポゼッションはどこへ???

名古屋グランパスvsアビスパ福岡

首位福岡を迎えた一戦。
ここまで2連敗のグランパス。負けるとプレーオフ圏内からも落ちる状態。
何として勝ちたい試合。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

試合内容

スタメン

玉田、楢崎はケガで欠場。
櫛引は前節東京ベルディのドウグラス ヴィエイラにやられた為、スタメン落ち。
小林は今節もスタメンをゲット。継続できるか注目。
19節スタメン画像

前半の内容

前半は完璧なサッカーだった。

出だしからグランパスがボールを保持してゲームを進める展開だった。
福岡が相手でもボールはよく回せていた。

そして前半14分に得点が入る。
これは狙った通りの内容だったであろう。
まず、杉森が左サイドの裏に抜け出してPA内でボールを受ける。
そこからドリブルを仕掛けてクロスをグランダーの早いボールで入れる。
このクロスがかなり速かったため、冨安がパスカット、シモビッチへプレッシャーをかける事もできなかった。
クロスをシモビッチがピタッとトラップして反転シュートし、ゴールに吸い込まれた。

グランパスの攻撃は、ここ数試合同様に2本立てで行っていた。
1つはDFラインから足元へつなぎながらゴールへ迫るパターン。
もう1つは裏へ飛び出してボールを受け、そこから崩すパターン。
杉森、シモビッチが上手く裏でボールを引き出していた為、福岡のDFラインを押し下げるシーンが目立った。

福岡の攻撃は裏へのカウンターがメインだった。
これはシャルレス、小林がよくはじき返しており、安定して守れていた。
また、福岡のクリアボールはシャルレス、ワシントンがよくつぶしていた。
やはりボールをポゼッションできている時は、ディフェンスも安定している。

いい流れの1点リードで前半を折り返す。

前半内容メモ

以下は、試合を見ながら取ったメモ。参考までに。
1m 宮原DFラインで取られ、ピンチを迎える。
3m 田口からシモビッチ→杉森→シモビッチ。パスが合わず。
3m 青木中へドリブルで上がる。相変わらずの上がり。
5m DFラインで田口倒される→ポストで杉森も倒される。どちらもファール取られない。
6m 青木からシモビット左裏へ。
7m ポッピ裏へ 小林対応
7m 杉森ポスト→シモビッチへのパスミス
カウンターを青木すぐにつぶす
ここまでグランパスがつないで福岡カウンター
8m ポッピクリアーボールを大きく再度裏に出しキープ。1人行ってこい。マークは小林。つぶせず。
9m 福岡カウンター。裏へのボールに宮原対応。
11m グランパス、カウンター押谷中央でシモビッチにパス。右に杉森いたが、シモビッチを選択。
12m ジウシーニョ3任で囲んでつぶす。
12m 福岡の左サイドの攻撃、シャルレス2度クリア、左サイドはポストに入れてくる。
14m 杉森左サイドへ抜ける PA内ドリブルからグランダーの早いボールでシモビッチ。
センターーバックとサイドバックの間から裏へ。泉がダイレクトパスで杉森へ出す。
シモビッチ反転してシュート。富安体寄せるもびくともせず。
18m 福岡DFラインから裏へ。小林ディングで対応。
18m グランパスパス回し。田口トラップミス
18m カウンター小林つぶす。
20m 和泉パスカットからカウンター。杉森へのパスがカットされる。ちょと工夫がなかった。
20m グランパス左サイドでのビルドアップ。青木が上がってつなぐ。杉森への裏へのパスがオフサイド。
21m ポッピvsワシントン。前を向かせず。
21m 杉森カウンター。後ろからつぶされる。相手のコースに入った。
22m 右サイド宮原。PAで押谷受けて反転しようとする。新しい形。
ここまではぐらペース。
DFも安定している。
24m グランパスビルドアップ。ゆっくり。DFラインで回す。取られない。早いパスがけれている。狭い間も入る。
25m ボランチの位置で受けた和泉が前を向いてドリブル。ファールでとめられる。
26m シモビッチ裏とる。中の杉森へ。杉森DFにあたられ、耐えれない。
26m 福岡クリアボール。シャルレスカット。
ポッピが田口にアフターでファール。ポッピにイエロー。イラついている。
27m 福岡カウンター。左サイド空いた。
27m 福岡4-4-2へ変更。
28m 福岡の選手倒すが、ファールにならない。
30m 左サイドの裏へ。宮原対応。
30m 左サイド、青木ドリブルを取られて、ファールで止める。
31m DFラインからポッピへ。シャルレスに当たるもキープされてグランパスの左サイドへ。そこからクロス。ピンチ。
シャルレスクリアも負傷手当で外へ。
34m 福岡の攻撃。サイドチェンジがそのままサイドへでる。
35m DFのバックパスミスを杉森がカット。GKと1vs1もかわそうとしてドリブル大きくなりシュートミス。
36m 細かいパス回しからシモビッチ裏へ。
36 左サイド深い位置。青木ドリブルしかけるも取られる。
37m ロングスロー。PAないのシモビッチへ。反転シュートもGKがセーブ。
簡単に反転する。冨安はいないも同然。
38m カウンター、ワシントン、シャルレスが前へ出て買わされるも田口が戻ってパスカット。
39m 福岡カウンター。ワシントンディレイ。田口?がフォローに入って2人でつぶす。
40m DFライン前。和泉ドリブルで一人かわす。ダブルタッチ。
42m 福岡カウンター。宮原対応。こぼれ球。シャルレスクリア。
42m 福岡DFラインから右裏へ。小林ヘッドクリア。
43m 福岡裏へ。シャルレスのヘッド後ろへ流れるもGK抑える。
45m 福岡前線のプレスが厳しくなる。パスがつながらない。
45m 福岡の怒涛の攻撃。こぼれ球を拾うも取り返されるシーンが続く。
DFのマークはずれていない。
45m PA前からFK。ワシントンが取りにいて倒した。
キッカー駒野。壁にあてる。
ロングスローでゴール前へ。辛くもクリア。

後半の内容

後半は途中まではいいサッカーをしていた。

序盤から福岡が攻め方を変えてきた。
ボランチがボールを受け、そこからサイドへ展開する形が増えた。
(前半はDFラインから裏へボールを蹴りこむのみ)
だが、グランパスもしっかり対応していた。
田口のよせが甘い為、ドリブルで狙われて少しピンチになるシーンもあったが、危ないのはそこだけだった。

だが、後半14分に事件が起こる。
押谷がまさかの一発退場となる。
グランパスのビルドアップ中に押谷がボールを受けて、ドリブルでキープしようとする。
だが、ボールが少し大きくなり取られそうになった所をスライディングする。
それが相手にスパイクの裏を見せての危険行為と取られて一発退場となる。
他のファウルは甘口のくせにここだけやけに辛口。

ここから引いて守るのか、ボールポゼッションして守るのか見ものだったが結果は引いて守った。
風間監督はボールを保持していれば点を取られることはないと常々言っている。
ここでも点を取られない為にボール保持してほしかったがそうはいかない様だ。

ただ、引いて守るには選手交代は疑問が残った。
シモビッチに変えて永井が入る。これはよい。スピードで裏を取りたいのだろう。
だが、ここから変えるのが遅い。
小林、青木、杉森(押谷退場後は右ハーフ)は攻撃重視の選手であり、本来それぞれ一つ前のポジションで使われる選手だ。
田口もボランチとしての守備には不安が残る。
引いて守るなら変えた変えた方がよいが変えなかった。

ここからはただただ守る展開となる。

そして71分、82分と失点し、さらにロスタイムにダメ押しのゴールを取られる。
71分の失点はCKからだった。
選手が固まって団子状態になり、そこからフリーになった選手に決められた。
これはある程度仕方ない。

82分の失点は、DFの連携ミス。
櫛引がサイドに出て行ったときに中央のカバーが誰もいなかった。
小林がずれるべきだったのか、櫛引がサイドに出て行ったのが悪かったのか検証が必要。
シャルレスはあまりサイドに出て行かなかったので、シャルレスと櫛引で守り方が違う可能性もある。
(失点前にシャルレス→櫛引に交代)

これまでの試合でも、おぉっっと思うほど櫛引が前やサイドに出ていくシーンは何度かあったが、
もう一人のセンターバックもスライドして逆サイドのFWがフリーになっていた。
相手は連携ミスを狙っていた可能性が高い。
引いて守るとやはりボロがでる。

ロスタイムの失点は田口が相手についていけず、甘いよせをしていたら相手がいいミドルを打ってきて入ってしまった。

後半内容メモ

46m 福岡FK。駒野壁にあてる。ボールが低い。不調??
CK。シャルレスクリア。
47m 右サイドパスつないで持ち上がるもシモビッチで囲まれる。
49m カウンター。宮原一人かわし、二人目かわすとこで足ひっかけられる
51m 福岡攻撃。左サイドから中への横パス。トラップを田口が取る。
51m 杉森ドリブルでサイドへながれてキープ。ファール誘う。ただ、体弱い。切り返しで踏ん張れない。
53m 右ワイド田口から中へ浮いたパス。押谷クロス。←面白いパス。
54m 福岡の攻撃。ボランチの位置から左右へ展開するようになった。サイドへ振ってサイドを起点。
56m 裏へのロングフィード。シャルレスクリア。
56m 福岡ビルドアップ。ポッピポスト入る。落としたボールがつながらない。
59m グランパスビルドアップ。ボールキープ。右サイドドリブル長くなったところで取られそうになり、スライディング。一発退場。ちと厳しいがしょうがない。
引いて守る練習しているか??見もの。
杉森、押谷のポジションへ。
60m 福岡クロス。シャルレスクリア。こぼれ球シュート。危ない。左に少しそれる。
62m 富安もちあがる。田口ついていくもまったくよせない。シュートされる。
63m グランパス引き気味。DFライン下げている。
63m おしこまれる。福岡バイタル前でパスつなぐ。縦に入れるもポッピ追いつかない。
64m シモビッチに代わり永井。わかりやすい交代。カウンター狙い。
64m 福岡二人交代。左裏とられる。1vs1 宮原、坂田にクロス入れられる。
67m 福岡CK。ワシントンクリア。
67m 福岡攻撃。駒野、和泉抜いてクロス。ワシントンクリア。こぼれ球をシャルレスクリア。
引いて守っているが、青木、小林、杉森は変えない??
71m ボランチから左の裏へスルーパス。杉森対応。CKへ逃れる。
CK 福岡にニアで触られるもサイドながれる。中央からニアに出てきて触る。
反対側CK ニアで石津にさわられる。 ワシントンとシャルレスの間で触られる。団子状態の中であわされた。
??m 福岡裏へ。坂田に通る。二回目。
??m 福岡右サイド。駒野持ち上がる。田口当たれない。シュートまで持ち込まれる。
74m ワシントンのキープからPAにせまるも和泉たおされてとめられる。
福岡 カウンター左サイドへのロングフィードが通り、CKに持ち込まれる。
76m シャルレスにかわって櫛引。シャルレス体力的に厳しそう。削られまくり。タンカーで退場もタンカー折れて歩く。タンカー折れるの初めて見た。
78m ゴールキックを永井がファールもらってキープ。
79m 城後IN。三門OUT。
82m 守備ブロック低い。PA城後がながれてきてフリーでうける。小林慌てて戻るもまにあわない。櫛引が右につられて小林との間あく。
そこに入られた。城後のマークが決まる前にとられた。
宮原が前に上がって詰めた。櫛引が連動してサイドに詰めた。他は連動していなかった。
杉森に代わって内田In←後手になった
??m 田口キープして前線へ。永井あわす。
??m 田口右サイドからクロス。こぼれ球、青木がシュートも上へ外す
89m 宮原右サイド持ち上がり田口へ。少し合わず。
90m アビスパの攻撃、左サイドから中央の石津へ。ボランチのいちでもらいFWとワンツーで右へながれシュート。ゴールへ吸い込まれる。
田口のマーク甘い。キーパーも全く触れず。楢崎なら弾いていたシュートだった。
90m 宮原右サイド一人抜き、クロス。DF当たるも泉がクロス。惜しくも合わず。こぼれたところを青木が拾い裏へ。永井オフサイド。
試合終了。

総評

押谷が退場するまではいいサッカーだったが、退場後は引いて守ることを余儀なくされた。
その後は、井原監督に上手く名古屋の弱点を突かれた印象だった。

守る時間が来ると高確率でボロを出す。
今後は如何にボールをつないで守る時間をなくすかがカギになってくる。

気づけばプレーオフ圏内からも外れてしまった。
どうか、風間監督が解任されない様に・・・。

◇◇◇ブログ村に参加しています◇◇◇
にほんブログ村 名古屋グランパス

◇◇◇人気ブログランキングに参加しています◇◇◇
人気ブログランキングへ

1+

コメント

  1. 鯱男 より:

    退場前までは良いサッカーが出来てましたね

    10人になった時に選手達はビビってなのか、それまでポゼッションして
    繋ぐ意識があったのに急に大きく蹴るサッカーを始めてしまいました
    アレで逆に相手にボールを渡す形になり、本来のボールを握って守備する時間を減らす
    サッカーがだんだん出来なくなった様に見えました。

    押し込まれて受けに回ると今のメンツでは脆く跳ね返せないので、絶対やっては
    いけないプレーだったと思いますが相手ボールのターンがずっと続き、決壊してしまいました。
    ホントここまでの3試合、60分前後までいい内容のサッカーが出来ているにも
    関わらず勿体ない試合が続きますよね。(勝ってた試合の時よりむしろ良い)

    おっしゃる通りこれで風間さん解任とか絶対止めて欲しいですよね
    まぁ来季の選手編成にも着手してる様だし、たぶん可能性は低いでしょうけど
    目先の結果だけ見て早急な判断だけは、ファンも含め止めて欲しいと思いました。

    • soccer-theearth より:

      コメントありがとうございます。
      承認が必要な事に気づいておらず、コメント表示遅くなりました。

      退場までは本当にいい試合でしたね。
      何とか明日の長崎戦はいいサッカーを90分続けて勝ってほしいですね。

      今後も当サイトをよろしくお願いします。