2017 J2 第18節 名古屋グランパス VS 東京ヴェルディ 個人の能力で負けたグランパス

名古屋グランパスvs東京ヴェルディ

前節のツエーゲン金沢で自滅したグランパス。
ここから上位対決が始まるので、勝って前節の嫌なムードを忘れ、波に乗りたい。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大

前節までの戦績

 グランパス 1 vs 4 大分トリニータ
 グランパス 2 vs 1 FC町田ゼルビア
 グランパス 2 vs 1 愛媛FC
 グランパス 2 vs 1 横浜FC
 グランパス 2 vs 3 ツエーゲン金沢

大分トリニータとの敗戦後、戦術の変更を行った。
相手の裏のスペースを突くことで相手を押し込む事に成功した。
結果、ボール保持率を上げると共に悪い位置でのボールロストがなくなり、ディフェンスも安定していた。
ただ、前節は決定的なミスを繰り返し自滅してしまった。

試合内容

スタメン

前節に続いて4-4-2が採用された。
ケガした楢崎に代わって渋谷、前節ミスした酒井に代わって小林がスタメンに名を連ねた。
本来ボランチの小林裕紀がセンターバックで登場した。
シャルレスは?大武は?
よほど風間監督のお気に召さないのか・・・。

前半

前半は完全にグランパスのペースだった。
前半15分と早い時間に得点も生まれ、
大量得点も可能な試合展開だった。

前半オフェンス

風間監督が求めるサッカーがかなりできていただろう。

相手はディフェンス時にラインを下げ、中盤中央の人数を多くして、中央をしっかり守るスタイルだった。
ただ、人数を割いてスペースはつぶしてくるのだが、プレスが少しあまい。
ファウルを嫌って、激しくは当たってこない。

他のチームであればスペースが狭いだけでボールを回せないのかもしれないが、グランパスは別格。
ファウル覚悟で潰してくるくらいじゃないと今のグランパスは悠々とつなげる。

何度もバイタルエリアにボールを運び、シュートまで持っていけていた。
特に左サイドは和泉、青木、田口、杉森が絡み自由にパスを回していた。

青木が左サイドバックに入ったのだが、上がる時にサイドだけではなく、中央にも上がっていく。
青木、和泉、田口は元々オフェンシブハーフ、しかも中央が得意な選手なのでこの3人で中央、サイドを頻繁に入れ替わり、細かくパスをつなぎながら崩していく。
そこでドリブルが得意な青木がいいアクセントになっていた。
左サイドで何度かチャンスを作るがシュートが入ったのは、15分の杉森のシュートだけだった。

杉森はどんどん良くなってきている。
今節は前節よりもさらにボールを貰ってから前を向く回数が増えていた。

前半ディフェンス

相手の攻撃はディフェンスラインから前線へのロングフィードがメイン。
ベルディワントップの高木が再三グランパスDFの裏を狙ってくるが櫛引、小林で抑えていた。

得点シーン

PAすぐ外の中央で張っていたシモビッチへクサビが入る。
シモビッチは後ろに控えていた杉森に落とす。
杉森はワントラップするとトゥキック気味の蹴り方で素早く蹴りこみ、これがゴールに吸い込まれる。
GKのタイミングを外したテクニカルシュートだった。

後半

後半オフェンス

序盤は左サイドをベースに攻める。
やはり青木の上がりがいいアクセントになっていた。
和泉と田口だとパスがメインだが、青木はドリブルがメインでパスを織り交ぜるタイプ。
青木のドリブルからシュート、スルーパスがでる等かなりいい感じだった。
また、後半は右サイドの八反田も効果的に右サイドでDFの裏をとって崩すシーンも出てきた。

65分、67分に得点されると杉本、佐藤、永井と投入する。
これで細かくパスをつないで中央から崩すサッカーからサイドからの攻撃に変わっていった。
これでシモビッチが1人気を吐く。
クロスをディングでシュートするもGKがナイスセーブ。
クロスをトラップから反転シュートするもポストをたたく。
惜しいシーンもあったが得点はならず。

ただ、佐藤寿人、永井はいい位置でボールに絡む事が出来なかった。

後半ディフェンス

後半は、ベルディの攻撃が
 ディフェンスラインから一気に裏を取るパターン
 サイドの裏に展開し、クロスを入れるパターン
の2パターンになった。
ただ、どちらも単純な攻撃だった。

それでも2点取られ、その後も何度も裏を取られた。
やってくることは単純で分かっているのだが止められない。
ただただ、ドウグラス(受けて)と橋本(出し手)に完全にやられた。

失点シーン

1点目は速攻からのクロスをGKがとび出すも触れず、ドウグラスに入れられた。
櫛引もGKが弾くことを想定してボールを見送っていたが、渋谷はかぶってしまった。
ボールもよかったが、試合に出れていない事も影響しているか・・・。

2点目はゴールキックからつないできたボールを橋本が低い位置で受けてドリブルで持ち上がり、
裏へはしるドウグラスへピンポイントで合わせる。
ドウグラスが絶妙なトラップから左足一閃ゴールを奪う。
ドウグラスは櫛引がマークしていたが、それでも裏を取られてしまった。

総評

攻撃に関しては圧勝するには個人の力が足りない・・・そう思わせる内容だった。
これまではチームの連携は取れていないが個人技で何とかしていたが、
今節はオフェンスはかなりいい感じに仕上がっていた。
前半から細かいパスでつなぎPA内でシュートまで持ち込めるシーンが何度もあった。
それでも1点しか取れなかった。
これだけ崩せて点が取れないとなると選手のレベルが足りないという結論になる。
和泉、杉森のシュートがどこまでよくなるか。
崩せているので、それが今後のキーポイントになるだろう。

ディフェンスは裏への飛び出しばかりを狙う相手に裏を取られている。
しかもパスの出どころはプレスにがかけづらいディフェンスラインの深い位置。
監督としてはセンターバック個人で対応してほしいのが正直な所だろう。
それができなければ4バックは成り立たない。
一度位は対人で圧倒的に強い大武をだしてほしい。

◇◇◇ブログ村に参加しています◇◇◇
にほんブログ村 名古屋グランパス

◇◇◇人気ブログランキングに参加しています◇◇◇
人気ブログランキングへ

0