2017 J2 第17節 名古屋グランパスエイト VS ツエーゲン金沢 過失事故発生!!

首位に立ったグランパス。
相手は下位の金沢。
ここはファンを楽しませるサッカーをしつつ勝ってほしい一戦である。
今日も、Daznで観戦した。

衝撃の結末だった。
まさか金沢に3失点するとは・・・。
16節終わって20位、11得点、27失点、どう見ても勝ち点3頂けるお相手・・・。

しかも前半45分までは圧勝の予感がしていた展開だった。
それがなぜ・・・。
45分までは風間監督の思惑通りのサッカーだったが。

スタメンは以下の通り。
 GK楢崎
 DF 宮原、櫛引、酒井、青木
 MF 玉田、田口、ワシントン、和泉
 FW シモビッチ、杉森

今節は左サイドバックに青木を置いて4バックにしてきた。
最近グランパスは3バックが多いのでどうしたかと思っていたら、金沢はマンツーマンで守るチームとの事。
マンツーマンを逆手に取る為にあえての4バックの様だ。
相手の4バックとがっぷりとかみ合う4-4-2フォーメーションを引き、あえて相手にマーク対象が誰かわかりやすくした。
そしてDFを連れて大きく動き、スペースを作りながらフリーの選手を作っていた。

金沢のDFの動きをみていると和泉、玉田が中央トップ下のポジションからディフェンスラインまで引いてもらいに行った際、
一緒に金沢のボランチがついてくる。
それでディフェンスラインとボランチの間にスペースができる。
杉森が少し下がってこのスペースでボールを受けて前を向くことで、攻撃の起点となっていた。
更に青木がそこのスペースめがけて上がってくるシーンもあった。(右サイドバックだけど中央へ上がってくる)
ワシントンのポジションチェンジも激しく、頻繁に左右の高い位置へ上がっていっていた。
45分までは完全にグランパスのペースだった。正直大量得点だと思っていた。

そこで最初の事故が起きた。
なんでもないバックパスだったが、詰めてきた相手FWに楢崎の蹴ったボールが当たり、そのままゴールへ。
突然の事故で少々パニックになったがまだ同点だ。内容は圧倒。まだ全然勝てると思っていた。

ところが後半が始まると金沢のプレスがよくなってきている。
開始早々から運動量を上げてきたのだ。
グランパスは受け身になってFWとDFの間が少々長くなる。
それでパスがつながらなくなって、前半の圧倒的展開はどこかえ行ってしまう。

そんな時に第二の事故が起きた。
酒井がバックパスをミスりずいぶんと遅いスピードのパスになってしまった。
それを相手にかっさわれて楢崎と1対2の状態になり、サクッとゴールされてしまった。
浮いた球をバックパスしたらしくじるという単純な事故だった。

これで少しざわついた。
流れも悪い状態で相手にリードを許した。
まさかの敗戦が頭をよぎる。

だがなんとか猛攻を仕掛け、同点とする。
この時は、もう負けはないだろう、追加点を取れるかどうかと思っていた。

だが、3度目の事故は起きた。
それも今回の事故は過失だ。
正直1、2回目の事故もひどいが一番許せないのが3度目の事故である。
楢崎のクリアミス、酒井のパスミスはあれだけ無理にでもつなぐサッカーをしているグランパスであればしょうがない。
だが最後の失点は酒井の過失事故だ。

失点シーンはグランパスのGKをシモビッチが競り、こぼれたボールを金沢のDFがグランパスのディフェンスラインの裏へ蹴ってきた。
寿人が詰めていたので、本当にただ大きく裏のスペースへ蹴っただけのボールだった。
だが、これに金沢の佐藤が先に追いつき、懸命に戻った酒井を軽くかわし得点された。
これのどこが過失かというとゴールキックの際、酒井が相手FWを見ていないのである。
本来、ゴールキックはどちらのボールになるかわからないので、センターバックはカウンターに備えて相手FWをマークするものだ。
疲れていても最後までやらないといけない仕事だ。
櫛引は他のFW(やや右サイドにいた選手)のマークにつきに行っており、中央にポジションを取っていた佐藤のマークは酒井だったはず。
だが酒井は疲れもあって、ディフェンスラインを上げる時に相手を見ておらず、やや左サイドのデフォルトのポジションでラインを上げていった。
そのため、ただの相手のクリアボールで裏を取られてしまった。
だから3点目は過失事故だ。

とはいえ非常に残念だが、下を向いてもしょうがない。
常々、風間監督はファンを楽しませながら勝のがプロの仕事だと言っている。
一度落胆させて、これから始まる上位対決をすべて勝つシナリオだと思おう。
ファンを楽しませながら優勝するための演出と信じて今後の上位対決を期待しよう!!!

◇◇◇ブログ村に参加しています◇◇◇
にほんブログ村 名古屋グランパス

◇◇◇人気ブログランキングに参加しています◇◇◇
人気ブログランキングへ

1+

コメント

  1. 笠井 より:

    確かに酒井のプレイには不満が多いが、あの金沢の3点目の時に名古屋のDFで金沢のFWに付いていけたのも酒井だけだったのも事実である

    • soccer-theearth より:

      コメントありがとうございます。
      承認が必要な事に気づいておらず、コメント表示遅くなりました。
      今後も当サイトをよろしくお願いします。

スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大