2017 J2 第16節 名古屋 VS 横浜FC 赤鯱らしいサッカーでの勝利

2戦勝利と調子の出てきたグランパス。
相手は3位の横浜FCとの上位対決。
昇格をかけた前半戦ヤマ場となる一戦。
今日もDAZNで観戦した。

開始序盤は相変わらずのバタつきを見せた。
前からプレッシングに来る横浜FCを押し込めない。
横浜はボールを持つとイバで起点を作り、グランパスのラインを押し下げる。
グランパスのボールになると執拗にワシントンを狙ってボールを取りにくる。
これにワシントンが戸惑ってボールを上手くつなげない。

イバを中心とした横浜のながれのままイバに気分よくFKを決められてしまった。

そこからやっとグランパスがディフェンスラインでボールをつなげる様になり、相手陣地へ押し込めるようになった。

この立ち上がりのドタバタ感は一向に改善されない。
もはや相手にハンディを上げている様にさえ見える。
立ち上がりはどう攻める or 守るを試合ごとに指示してないのだろう。
あくまでパスをつないで相手を押し込む横綱相撲か・・・。

だが、相手を一度押し込めるとグランパスペースとなる。
押し込んでからのディフェンスの対応は大分慣れたもので、横浜のクリアボールはきっちりつぶせるようになる。
イバはここからフラストレーションが溜まり、ファウルと審判への抗議が多くなっていく。
イバの審判への抗議が審判のフラストレーションを溜める。
最後の佐藤の退場は少なからず前半から溜まった審判の横浜FCに対するフラストレーションも含まれていただろう。

相変わらず点を取れる人選よりボールをつなげる人選だったが、そのおかげか杉森、田口、和泉の点を取る意識が上がってきている。
特に今節は杉森がPA内でゴールに向かってドリブルするシーンがあった。
数試合前まではオフェンシブな選手であることを忘れるようなプレーばかりだったが、大きな進化である。

後半に入ると信じられない事が起こった。
内田に代わって杉本が投入された。
内田が交代???
酒井でも宮原でもなく内田???
風間監督が攻撃よりもDFラインの安定を取った???
内田はDFのポジションにいるが、ディフェンスよりも左サイドの攻撃の起点になる選手であり、今まで変えられることはなかった。
それが今節は変えられた。
大分戦で大敗しても攻め方の改善(より相手陣地深い位置でボールを保持)でディフェンスの強化をした監督の為に内田をひっこめた???

これが功を奏したのか後半はグランパスが押し込み、ゲームをコントロールできていた。
イバは櫛引、酒井、ワシントンで抑え込むとイライラしだし、プレーが乱雑になっていき更にイライラする悪循環になっていた。
そこに審判もイバに対して厳しく当たった為、ますますイライラしていた。
これは今後のチームも参考にするだろう。イバが失速してくれるとありがたいのだが・・・。

後はグランパスが押し込み中央からの攻撃でハンドからのPK、田口が倒されてのPKを獲得して逆転した。
杉森、和泉の意識の変化は大きい。
今後の覚醒が楽しみだ。

それにしても以前風間監督はファンを楽しませるのもプロの仕事だと言っていたが、
毎度先に1点プレゼントするのはわざとなのだろうか。
おかげで毎度そわそわさせてもらっているが・・・。

そういえばシモビッチが点をとっても誰も駆け寄っていかなかったのはなぜだろう・・・。

◇◇◇ブログ村に参加しています◇◇◇
にほんブログ村 名古屋グランパス

0
スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大