2017 J2 第15 名古屋 VS 愛媛 風間監督の答え

大敗した大分戦から前節は終了間際で勝利を引き寄せたグランパス。
相手は好調の6位愛媛。
大敗から立ち直ったのか???
今後を占う一戦となった。

今日も、Daznで観戦した。

今節もスタメンは
1トップにシモビッチ、
2シャドーに杉森、玉田、
左ハーフに青木、ボランチは田口、和泉、右ハーフに宮原、(ワシントンは累積イエローで出場停止)
3バックは内田、櫛引、磯村
とパスを回すのに特化したメンバーとなった。
ガルシアの先発はもうないのか・・・。

ディフェンスはワシントンがいない事でどうなるかと思ったが、案外崩れず、安定していた。
ワシントンはボール奪取能力に優れるが、ボールがある所に飛び出す傾向がつよい。
また、田口は時々戻るのをさぼることがある。
そしてこの2つが重なるとセンターバックの前にボランチがいなくなる現象が発生する。

前節の失点シーンも磯村が競ったこぼれ球を素早く左サイドに出され、
そこにワシントンが宮原と囲みに飛び出し、田口も帰ってこない、
結果ゴール前のディフェンスが櫛引、内田のみとなり人数が足りない状態になっていた。

それが今節は和泉がボランチに入り、常に中央のスペースを埋めてくれていたので、
中央の数的不利になるケースがかなり減った。
ボールを回してくる相手はワシントンがいないとボールをとれないのでワシントンが必要となるが、
愛媛の様に自らさっさとゴール前にせめて来る相手はゴール前を固めればボールが取れるので、
田口、和泉の方がよいのかもしれない。

攻撃に関しては、前節からの裏を狙う動きが継続されていた。
杉森、和泉が左サイドの裏をとり、玉田が右サイドの裏を狙う。
そして田口が中央から上がってくる。
個人的にはもっと杉森、玉田は裏を狙う時も岡崎の様にゴールに向かってほしいが、
サイドに流れクロスを上げるために裏を取る動きだった。
ただ、これが相手ディフェンスラインを押し下げる要因となった。
そしてシモビッチがまたいい。
シモビッチはどんなにスペースがなくても下がってボールを貰うことがない。
必ず相手ディフェンスラインの手前で張ってボールを貰ってくれる。
これで相手がディフェンスラインを上げずらくなっていた。
結果、これまではパスをつなげていてもデフェンスラインとボランチでつなぐケースが多かった。
それが田口、和泉より前で回せるようになった。

得点に関してはやはりゴール前での迫力に欠ける。
ただし、ディフェンスに関してはボールを取られる位置が自ゴールから遠くなった分、
大分戦の様なセンターバックの前でとられてピンチになるようなケースは減った。

通常のチーム作りは、ディフェンスの練習をしっかりやって、ディフェンスを安定させるのだが、
このチームは相手陣地深い位置でパスを回せるようにしてディフェンスを安定させる。

これが風間監督の大量失点修正方法の答えだった。
風間監督の信念は変わっていなかった。

にほんブログ村 名古屋グランパス

0
スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大