2017 J2 第13節 名古屋 VS 大分 DFリーダーは誰?

2戦連続で引き分けたグランパス。
相手は8位の大分。チームが悪い流れにならないためにもここは勝ちたい試合。
前節は低迷した攻撃は復調するか!!
Daznで観戦する。

【先発】
佐藤寿人がケガから復帰し、さらにカンフル剤として押谷が初スタメンとなった。
MFは右に宮原、左に和泉、ボランチに磯村、田口、トップ下に玉田の布陣。

◆名古屋◆
GK 楢崎
DF 櫛引 酒井 内田
MF 宮原 磯村 玉田 田口 和泉
FW 押谷 佐藤

◆大分◆
GK 上福元
DF 鈴木 竹内 福森
MF 岸田 川西 鈴木 山岸
FW 後藤 小手川 伊佐

【試合内容】
※注意[実況][解説]はDaznの内容とは関係ありません。
あくまで筆者の実況、解説です。

◆1分
[実況]
大分の攻撃、グランパスサイド深い位置からのスローイン。
いったん下げて後藤から細かくつなごうとした所をグランパスのクリアだ。
[解説]
グランパスは守備になると両翼が下がって5バック気味になりますねぇ。
押谷以外は守備に戻ってきてますね。

◆2分
[実況]
グランパスの攻撃です。少し下がってでボールを受けた佐藤ボールを受けて前を向いた。
押谷に縦パスを入れ、落としたボールを再び佐藤から押谷へ縦パスを入れる。
押谷が前を向いてボールを持ったぞぉ。
押谷シュートだーーー。
あぁこれはミートせず。
[解説]
佐藤と押谷の連携はいいですね。
佐藤が下がってボールを貰ったことでできたスペースに押谷が斜めに走ってきたことでディフェンスラインの前なのに前を向いてボールを貰えましたねぇ。
これからのプレーが楽しみですねぇ。

◆4分
[実況]
グランパスの攻撃です。
さぁ、玉田が右サイド開いてもらったぞぉ。
押谷へスルーパスがでたーー。
これは通らず。
[解説]
サイドの選手が高い位置にいるのにセンターバックが中央に固まっているので
サイドバックの裏にぽっかりスペースができていましたねぇ。
しかもセンターバックは低くラインを取っていたのでオフサイドも気にせず、
サイドバックの裏で貰えましたねぇ。
これは今日のねらい所ですよ。
[自分]
よっしゃ。今日の相手はしょぼそうだぞ。
押谷、寿人のアベックいっとけ!!

◆8分
[実況]
佐藤が右サイドでボールを受けてゴール前にパスをだしたぞ。
玉田がゴール前中央でボールを受けたぞ。
あぁ、これはディフェンスにかこまれれてとられましたね

◆11分
[解説]
ここまではグランパスのペースですね。
佐藤、押谷が上手く連携して動いて、いつもより前線にボールをつなげていますね。

◆11分
[実況]
さぁグランパスのカウンター。
田口がボールを持って上がるぞ。どうする!!
左の玉田へスルーパスだーーー。
これはパスが少し長かったか。
左サイドにながれたが、まだペナルティエリア内だ。
どうするか???
ここは玉田、簡単に後ろに下げましたねぇ。
[自分]
玉田ぁぁ、もっと簡単にさげるなよぉ。
サイド流れても玉田ならドリブルでディフェンスかわせるだろ~~。
もっとゴールに向かって行ってくれよ~~。

◆18分
[実況]
さぁグランパスのカウンターだ。
玉田がボールを持って上がっていくぞ。
左に押谷、右に宮原が上がっているぞ。
玉田から押谷にボールが出て、押谷は玉田にリターンだ。
玉田ペナルティエリア内ゴール正面でフリーだ。
おしい。シュートはキーパー正面へ。キーパーキャッチだーー。
[解説]
宮原が高い位置でボールをとれたんでいいカウンターになりましたね。
[自分]
今日は得点の気配がするぞ。

◆21分
[実況]
大分の攻撃だ。
センターバックからFW伊佐にクサビがはいったぞ。
やや右サイドへ開いてクサビを受けたパスを後ろから走りこんできた選手に落としたぞ。
あぁそのままドリブルでペナルティエリアに入ってきたぞ。
グランパスピンチだーーー。
シュートを楢崎が弾いたがこぼれ球を小手川がシュート!!!
あ~~。入ってしまったーーー。
大分のゴールだーーーー。
[解説]
FWが二人右サイドにいた為、クサビを入れた選手にだれもあたりに行けなかったですね。
それでディフェンスラインを下げた結果、磯村とディフェンスラインの距離が空き、そのスペースからはしりこまれましたね。
ディフェンスラインを下げてゾーンで守るならボランチもディフェンスラインと一緒に戻らないとだめですね。
[自分]
ガッデム!!!ここまで赤鯱のペースだったのにーーー。
でもここまで攻撃はいい感じだから取り返すぞぉぉ。

◆31分
[実況]
あぁ、磯村がボールを取られた。
大分のカウンターだ。
田口が追っているがとめられるか??
後ろから追い越していった伊佐にパスがでたーーー。
伊佐のシュートだーーー。
これは枠を外れて助かりました。
[解説]
田口は追いついた時点でファウルしてでも止めた方がよかったですね。
ファウルすれば止められたのに簡単にパスを出させてしましましたね。
[自分]
田口とめとけよ!!!
それやらないと代表入れんぞーーー。

◆32分
[実況]
左サイドPAすぐ外で玉田がボールを受けたぞ。
ななめに走りこんで来た佐藤にパスが出たー。
佐藤が中に折り返したぞーーー。
田口が走りこんで来たがこれは合わないかーーー。
[解説]
佐藤の動きは素晴らしいですね。
狭いスペースの中でボールを持った選手に合わせて走りこんできますね。
[自分]
惜しい。寿人いいですねぇ。ゴールに向かっていくから得点の気配がでてきますうねぇ。

◆40分
[実況]
大分がボールをつなぐ時間が長くなってきましたね。
[解説]
グランパスはプレスが甘いですね。
ディフェンスラインが低いので前線も前からあたれない感じですね。
前節もこんな感じでしたが、疲れからだと思ってましたが、
今節もつづいていますね。
[自分]
ワシントンだ。ワシントンをだせ。ワシントンはぐいぐいラインの押し上げも指示してくれるぞ。

◆44分
[実況]
右サイド、深い位置からのグランパススローイン。
櫛引から佐藤にクサビが入ったぞ。
佐藤はダイレクトで落としたーーーー、がこれは玉田の反応が遅れた。

◆46分
[実況]
大分1点リードで前半終了です。

【前半戦ピックアッププレー】
32分 佐藤寿人がPAで左サイドに開いてボールを貰ったプレー。
この時の寿人の動きがすごい。
ボールの位置に合わせて細かく動きながらボールを貰いに行っている。
佐藤寿人は玉田の真横から縦に上がっていき、PA内でボールを貰っている。
この時、寿人が上がっていく間に玉田→田口→玉田と横パスをつないでいるのだが、田口にでたタイミングで田口からパスが出せるコースへ斜めにはしり、
玉田に戻ったタイミングで方向転換して斜めに走っている。
多くの選手は田口からボールが出てこなかった時点で足が止まり、その場で貰おうとする。
だが寿人はさらに動き直す。しかも後ろに戻るのではなく、相手ゴールを目指して動き直す。
さすがJ歴代得点ランク2位の選手だ。

【前半戦総評】
前節からラインが低くなるケースがある。だた前線は高い位置を保っているので間延びした状態になり、マークがルーズになるケースがある。そこからボールを取ってカウンターでチャンスになるケースも多いのだが今節は裏目にでた。
また、前節に続き今節も攻守の切り替えが遅く、ディフェンスラインだけで弾いている状態になっている。
攻撃は、佐藤寿人が入ったことで動きが活発になってパスをつなぎながらPAに入っていけている。
得点はないが非常に良くなった印象だ。


にほんブログ村

0
スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大