2017 J2 第7節 vs カマタマーレ讃岐

前節5-1と大勝して迎えた一戦。
相手は前節今季無敗だった湘南を破って勢いに乗りたい讃岐だが、きっちり勝点3をゲットしたい相手。
はたしてどうなるかDAZNで観戦した。

一番の見どころは相手の前線からのプレスへの対応!!
これまでの試合で自陣深い位置で前線からプレスかけられる→ショートパスでつなぐ→取られる→ピンチを繰り返しているので当然讃岐もねらってくるでしょう。
それをどうするのか?今日もサクサクチャンスを献上するのか!?

【試合観戦】

試合開始早々やはり讃岐は前線からプレスをかけてきた。
それもかなりの肉弾戦!!ボール奪取からのショートカウンター目当てかと思いきや赤鯱を奪おうとする削りっぷり!!

これは大丈夫か??パスを回すのをあきらめないか??審判も緩めのジャッジ。けが人がでないか??

それでもやはり赤鯱は自陣深くでもショートパスをつないぐ・・・。
がんばれ赤鯱。気合で負けるな!!

6分。ビルドアップ。田口がボランチの位置でボールをもらう。→反転してクサビのパスを入れる。いい。いい。簡単なように見えるが難しい。今までなかなか入らなかったクサビ。やはり田口だ。元日本代表だ。今後のビルドアップに期待が膨らむ。

8分。相変わらずプレスが激しい。そして両サイドの裏を簡単に使ってくる作戦の模様。
ここもお決まり通りか・・・。まぁ今日もクッシーの気合と相手のやさしさに期待しよう。

22分。左サイド開いた位置でボールを持った杉森から右サイドの裏へ走った永井へボールがわたる。チョーいい。何が良いかって杉森のパスが裏のスペースではなく、走っている永井の右足にピタッと合うではないか。今までとはパスの質がまるで違う。
これが風間監督が求めるパス質か!!
杉森は技術はあるがサイドバックの仕事を真面目にやりすぎている。もっと中央に入れ!!まるでグランパスにいた頃の本田だ。

25分。自陣右サイド深くでパスをつなぐ→ワシントンがボールを受けて逆サイドに展開しようとする→三人に囲まれて取られる。
相変わらずのパターンだが外してくれるやさしさも相変わらずだ。
ボールを取りにくる組織力はJ1並みだが、決定力はJ1には及ばない。これはすごい練習環境だ・・・。つなぐ練習、センターバックの守備練習として長い目で見よう。

41分。自陣右サイド深くからショートパスで敵陣深くまでボールを運べた!!!
宮原がドリブルで一人かわし前を向けたため、相手プレスを寸ででかわしパスがつながった。やっとこさ形が見えた!!

46分。自陣左サイド深くからショートパスで敵陣深くまでボールを運べた!!!
今回は田口がワンツーを繰り返し、敵陣まで持ち上がった。さすが田口。圧巻。これが何回かでると相手もプレスにきにくくなるはず。相手が下がれば、今の赤鯱はかなり強い。

後半開始。なぜか相手のプレス開始位置が下がった。46分の田口のプレーが効いたか!!最終ラインでボールを回しビルドアップができるようになった。
田口が前線の選手をどう使うか?に注目!!

58分。FKを玉田がねじ込みゴ~~~~ル。さすがの一言。ここまで攻撃陣は点を取った選手が優先的に出ていた中、玉田は点がとれてなかっただけに、ほっとした処だろう!!

68分。田口、シモビッチ、ガルシアがワンツー×2で中央から崩す。惜しい。
というかガルシアはワンツーができたのか?!初戦のプレーで足元は諦めていただけにびっくり!!大森強化・補強担当うたっがってませんよー!信じてましたよー!!

78分。内田が左サイドからアーリークロスでガルシアへ。ガルシア惜しくさわれず。触れれば一点だっただけに惜しい。
シモビッチの高さはJ1屈指、ガルシアもサイドからのボールを押し込むのはかなり上手い。前節の2点目、その前のポストをたたいたシーンは相手センターバックを赤子のように手玉にしていた。それだけにもっとサイドからボールを入れてほしい。

87分。田口→杉本へスルーパス。杉本が中へ切り込みインサイドに引っ掛けたシュート。外れたかに見えた軌道だったが、ゴール直前で鋭く曲がりサイドネットへ突き刺さりゴーーーール。杉本キターーー。

このまま試合終了。杉本はスタメンが取れない中、結果を出せたので感極まっていた。これまでの選手起用だと当分は杉本がスタメンになるだろう。あのファイティングスピリットは楽しみだ。。。

【総評】
厳しい戦いだったが今節も何とか勝ち切った。
やはり前線に点をとれる選手がいるのは強い。この点はJ2屈指。
内容は、相手の前線からのプレスに対応する場面が何度かあったのはよかった。
J1に上がる前に形になればよいので、少しずつ改善していって欲しい。
そして田口。和泉がいなくなったタイミングで戻ってこれてよかった。風間体制初戦で自陣からパスをつないで敵陣まで持っていけるのは圧巻。そしてビルドアップの展開力もすごい。センターバックからのパスを前を向いてもらいクサビを入れれる、サイドバックからの仕切り直しのパスを左右、縦と広角に散らせる、この2点はおおきい。
今後は田口がガルシア、永井のプレーをどう引き出すかに期待したい。

0
スポンサーリンク
固定ページ
レクタングル大